虫歯治療

初期の段階では痛みやしみるといった自覚症状がないため放置されやすい虫歯。痛みやしみるといった症状が出ても放置していると歯を失ってしまう可能性があります。
虫歯とはどういったものなのかを知り、いつもと違う感覚があったら
歯医者を受診し、早期発見・早期治療に努めましょう。

健康な歯虫歯の進行

C0 初期の虫歯

歯の表面にあるエナメル質が溶け始めます。
患部が白っぽく濁るだけで、痛みといった自覚症状はありません。

C0虫歯の進行

⋙治療法
適切なブラッシング・フッ素塗布をすることで削ることなく治癒することが可能です。

C1 歯の表面が虫歯

初期の虫歯から進行し、歯の表面のエナメル質が溶けた状態です。
この段階でも自覚症状はありません。

C1虫歯の進行

⋙治療法
治療法患部を削り取り、患部に詰め物を詰めていきます。
詰め物の素材は保険適用となる、レジンを使用します。

C2 神経に近い象牙質の虫歯

歯の表面のエナメル質が全て溶け、虫歯がエナメル質の次にある象牙質まで進行した状態です。
この段階で冷たいものを口にすると歯がしみるといった症状が現れます。

C2虫歯の進行

⋙治療法
C1の治療法同様に患部を削ってからインレーを詰めていきます。
症状によっては局部麻酔をしてから治療を行うこともあります。

C3 神経に達した虫歯

虫歯が象牙質を通過し、次にある歯髄(神経)にまで到達した状態です。
冷たいもの以外に熱い物もしみることがあるだけでなく、何もしていなくても激しく痛むことがあります。

C3虫歯の進行

⋙治療法
神経を取り除く根管治療をした後にクラウンを被せます。

C4 歯根に達した虫歯

すでに歯の形はなく、歯根だけが残った虫歯の末期の状態です。
神経がないので痛みはありませんが、だからといって放置してしまうと歯根から膿が出て強烈に痛みます。

C4虫歯の進行

⋙治療法
C3と同様にクラウンをかぶせる、最悪の場合、抜歯となります。
抜歯後はインプラントや入れ歯、ブリッジなど、歯を補う治療を行います。

セラミックインレー・クラウン

セラミック作られたインレー(詰め物)・クラウン(被せ物)のことです。
セラミックは天然歯と同等の色味・強度・光の透過性を出すことが可能なので、
自然な見た目と噛み心地を得ることが期待できます。

インレーは患部を削った痕に、クラウンは失ってしまった歯冠部の代わりに用いられます。

歯周病治療

歯周病とは

歯を失う原因として虫歯を抜いて1位となってしまった歯周病。現代日本人の成人、約8割が歯周病・もしくは隠れ歯周病とされているだけでも驚きですが、近年では大人だけではなく子供も約5割が歯周病・歯周病予備軍とされています。

歯周病で何よりも怖いのは、虫歯と違い初期段階では自覚症状がなく、歯茎から血が出る・歯がぐらつくといった症状が現れたころにはある程度進行してしまっているということです。歯周病の進行レベル

また歯周病は、口腔内だけの症状だけではなく、全身疾患にも関係しているとされています。歯周病によって発症・症状が悪化する全身疾患の中には、糖尿病や心臓疾患、肺の感染症、女性では早産などが挙げられます。

歯周病は「口の中だけの病気」ではなく、
全身の疾患にも関係してくる病気と位置づけ、
全身の健康のために歯周病の早期発見、早期治療を行うことが大切です。

歯周病の主な治療法

スケーリング

スケーリングで歯石取りスケーラーという専用の器具を使用し、歯周病の原因となる歯に付着している歯石を除去していく治療法がスケーリングです。歯の表面に付着した歯石は日々のブラッシングで取り除くことが難しいので、歯科医院で特殊な器具を用いて除去する必要があります。

フラップ手術

歯と歯茎の溝、いわゆる歯周ポケットが深く、スケーリングだけでは歯石の除去が難しい場合に行うのがフラップ手術になります。この手術は歯肉を剥離し歯根を露出させて歯石を除去していきます。
フラップ手術を行うことで、隅々まできれいにすることができます。

月木 13:00~16:00/17:00~21:00042-542-6480火金土9:00~13:00/14:00~17:00[ 水日祝休診 ]